こめじの社長とゲームナイト

こめじの社長とゲームナイトとは?

社長と学生がゲームを通じて仲良くなってしまおう!というのがこの企画の一番のおもしろポイント✨
大学生からしても、社長からしても、その世代の人たちとゲームをする機会なんてAxEL,以外では絶対にない!

世代が違う層同士がゲームを通じてお互いの考え方や興味などの『価値観』を共有していきます!

 

次回開催

coming soon

 

過去の様子

第1回:11月22日開催

今回のゲストは
有限会社瀬戸鉄工 瀬戸 勝尋 氏

ゲーム「バスは待ってくれない」

 

 

今回のゲームは「バスは待ってくれない」
企業の社員研修でも使われるゲームは、お互いの持っている情報を擦り合わせて地図を完成させていくゲームです。

10人の学生が参加し、2チームに別れて地図を作成していきましたが、見事1チーム成功。
ゲームを通じて、言葉を統一することの必要性や情報を出すタイミングの難しさなどを学んでいきました。

参加していただいた瀬戸社長からは
「実際に企業でも、各ピースは揃っているのにそれを一つにまとめることができないことはよくある。学生の皆さんとこのゲームを通じて改めて情報共有の大切さに気がつきました。
社会に出てからも今日の知識がどこかで必ず役に立つので、覚えておいてほしい。」

と学生に向けてメッセージが送られました。

 

こめじってこんな人

 

【プロフィール】

氏 名:中村早希
所 属:安田女子大学
趣 味:弟の数学の課題を解くこと
受賞歴:第28回ひろしまベンチャー育成基金主催 ひろしまベンチャー助成金 ひろしまヤングベンチャー大賞
第1回広島トラック業界ビジネスコンテスト 金賞

 

ゲームナイトへの意気込み

イベントを通して、普段の生活では出会えない出会いを大切にしたいです。
それが他大学の学生であったり、企業のお偉いさんであったり
世代や立場を超えて仲良くなれる企画にするのと同時に
人と人との和を広げていける会にしていきたいです。

地元の社長には、
『広島の学生ってこんなに面白いんだぞ』
『面白い学生ってこんなにいるんだぞ』
っていうのがしっかり伝わって
社長自身が今の学生の価値観に触れる機会に

学生には、経営者に触れることで
『大人ってこんなにかっこいいんだ』とか
経営者ってこんなこと考えているんだという視点を感じて
大学生活の中で新しい刺激に

と、お互いにとって良い時間にしていきたいです。

そのためにも
みんなが「楽しかった」って感じてくれるイベントにしなくてはいけないし
何回も繰り返し来てくれる様なイベントにできるように全力で人を楽しませる会にしていきます。

みんなにとってこのゲームナイトが
居心地の良い「居場所」になってくれたら良いな